忍者ブログ
鹿児島のイラストレーターの日常やらをつづっております。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

業界が“先祖返り”している——『ハルヒ』『らき☆すた』の山本寛氏が語るアニメビジネスの現在
http://bizmakoto.jp/makoto/articles/1007/26/news010.html

山本監督が語っております。

とくにDVDがこれから売れなくなっていくだろうという事は
実際にそうだと思います。

youtube、ニコニコ動画を始めとしてたくさん動画がネット上にあがる時代になってるわけですしね。
しかもこれからはiPadなどが普及してくるからどんどんデータでの売り出しが出てくるんじゃないかなぁ。

月岡先生ともこないだ話したんですが

本にしても同じでiPadなんかみたいにデータで買うという形態が主になっていくと思います。

だからそのうち出版社もなくなるんじゃないかなぁと思います。

だから新しい『BLACK★ROCK SHOOTER』の売り方は面白いなぁと思った。
DVDあげるからおもちゃ買ってってのは面白い
あとは作業量なんかがペイできればいいスポンサーになりそうですが…

ただタイアップが増えていくとどんどん
意見を聞かないといけなくなってきて、自分の作りたい作品から遠ざかっていくという可能性も少しはあるのではなかろうか…

このへんは難しそうだなぁ(ーー;

アニメーションのクオリティの話もしてますが
クオリティが高くなりすぎて中身が無くなるよりはずっと逆の方がいいと思います。
あとクオリティ高い=CGでは決して無い。
むしろ手描きのほうが個人的には
ずっとクオリティが高いのが多い気すらします。

3D使うならピクサーにまかせておけば問題ない気が…

今は監督が本当にいいたいアニメってのがどのくらいあるんだろうか…

個人的に
クリエイターとしては映画のように監督の意図が作中全部に入ってるような作品が増えていってほしいなぁ。

でも最近は本当にWeb上での公開が容易になったので個人製作のアニメーションが増えたなぁと、そしてそれがクオリティを上げる手助けになってればいいなぁと思います。

かならずしもいい事ばかりではないと思いますが…


あと記事でもあがってますが

ジブリは宮崎監督と高畑監督が引退されたらどうなるんだろうか…
後継者育成は難しいからなぁ…

そこが心配です(´・ω・`)
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[23] [22] [21] [20] [19] [18] [17] [16] [15] [14] [13]
カレンダー
04 2018/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
プロフィール
HN:
有馬 憲吾
性別:
男性
自己紹介:
鹿児島でイラストレーターをやっております
コンセプトアートや背景イラストを主に描いてます。

お酒、エンターテイメント、イギリス、自然、猫好き!
いろいろな人と話をするのも大好きです
興味が有る方は是非お声をかけてください^^

イラストお仕事の依頼も随時受付中です。

メールは カテゴリー の はじめに。 にありますのでお手数ですがそこからお願い致します。
リンク
ブログ内検索
最新コメント
[04/01 ピース]
[05/27 ari]
[05/26 ひょっこり]
最新トラックバック
バーコード
カウンター
忍者ブログ / [PR]
/ Template by Z.Zone