忍者ブログ
鹿児島のイラストレーターの日常やらをつづっております。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

業界が“先祖返り”している——『ハルヒ』『らき☆すた』の山本寛氏が語るアニメビジネスの現在
http://bizmakoto.jp/makoto/articles/1007/26/news010.html

山本監督が語っております。

とくにDVDがこれから売れなくなっていくだろうという事は
実際にそうだと思います。

youtube、ニコニコ動画を始めとしてたくさん動画がネット上にあがる時代になってるわけですしね。
しかもこれからはiPadなどが普及してくるからどんどんデータでの売り出しが出てくるんじゃないかなぁ。

月岡先生ともこないだ話したんですが

本にしても同じでiPadなんかみたいにデータで買うという形態が主になっていくと思います。

だからそのうち出版社もなくなるんじゃないかなぁと思います。

だから新しい『BLACK★ROCK SHOOTER』の売り方は面白いなぁと思った。
DVDあげるからおもちゃ買ってってのは面白い
あとは作業量なんかがペイできればいいスポンサーになりそうですが…

ただタイアップが増えていくとどんどん
意見を聞かないといけなくなってきて、自分の作りたい作品から遠ざかっていくという可能性も少しはあるのではなかろうか…

このへんは難しそうだなぁ(ーー;

アニメーションのクオリティの話もしてますが
クオリティが高くなりすぎて中身が無くなるよりはずっと逆の方がいいと思います。
あとクオリティ高い=CGでは決して無い。
むしろ手描きのほうが個人的には
ずっとクオリティが高いのが多い気すらします。

3D使うならピクサーにまかせておけば問題ない気が…

今は監督が本当にいいたいアニメってのがどのくらいあるんだろうか…

個人的に
クリエイターとしては映画のように監督の意図が作中全部に入ってるような作品が増えていってほしいなぁ。

でも最近は本当にWeb上での公開が容易になったので個人製作のアニメーションが増えたなぁと、そしてそれがクオリティを上げる手助けになってればいいなぁと思います。

かならずしもいい事ばかりではないと思いますが…


あと記事でもあがってますが

ジブリは宮崎監督と高畑監督が引退されたらどうなるんだろうか…
後継者育成は難しいからなぁ…

そこが心配です(´・ω・`)
PR
先日アニメーションの3日間講習を受けてきました。

アニメーション作家の月岡貞夫さんの講習です。

授業を受けるってのはもう何年ぶりだろうか?
死ぬほど楽しかったです!
勉強タノシー!
今なら大人が勉強しなさいと言ってた意味が分かりますw

講習の内容自体はボーンを使っての歩きの作画作成だったのですが
それ以上に雑談の話がためになりまくりでした。

その中で芸術に関しての話が楽しかった。

日本のアニメーションは海外の芸術家達にはそんなに相手にされていないということ、それはヨーロッパの芸術はどっちかというと内面的で自分の世界観を表現していくのが第一にあるかららしい。

でも芸術の本質ってのはそこじゃなくて、どんな形でも人を感動させることが出来るのが芸術なんだ!

そして感動させるには共感を得ないといけない。

そこで必要なのが知識や企画になってくる

そしてそういう良い作品がコンテンツとしてなりたつ

と、ざっくりですがこういう話をしました。

この人を感動させる、共感しないといけないという部分は
俺の考えている部分ともかなり重なったので、かなり納得。

やっぱり大衆芸術(といっていいのかは分かりませんが)はいいなぁと

ちょっとまたいろいろと自分の方向性をじっくり考えてみようと思いました。

あとアニメーションの計画を全部やり直すことに…もうちょい自分を知った上の計画になると思います。

いろいろとこの3日間は勉強になったなぁ。
ボーンで動かすのも楽しかったし。

あとすごい貴重なのが当時の手塚先生の話や
トキワ荘の話とか藤子先生、石森先生などなど!
もう当時の話を思い出しながら話してるのを見てると感動的でしたw

だって本とかでしか見たことないことを体験してる人から
直接聞くってやばいです!ミーハーですすいませんw

いやぁ〜やはりもっといろんな人を鹿児島に呼べないもんかねぇ?


こういった長年業界にいる人たちの話というのはすべて勉強になります。

あーーもっといろんな人と語りたいです!



大塚康夫の動かす喜び
というDVDを見ました。

大塚康夫の歴史や仕事ぶりや今現在まで映像で残しているDVDです。

凄い勉強になりました…

動かすという事を楽しんで遊びつづけ、そのまま探究心を忘れず成長していき
日本のアニメーション界で生き続けた巨匠です。

最初に14歳のころのスケッチが出るのですがすでに上手すぎて唖然w
こりゃすげぇとなって
途中で五右衛門の作画を披露してくれるのですが…これがまた上手すぎる!

生きてる線というのはこういうものなんだなと見せつけられました…
こういう線が引けるようになりたい!!
そしてキャラクタを動かしたい!!

という思いが激しく強くなりアニメーションのモチベーションを非常に高めていただきました^^

映像の中で大塚康夫さんが言った言葉で

『絵は下手でもいいから活力のある絵を描きなさい』

と言ってました。

動いてる迫力を見てる人に伝えるような絵
そんな絵を目指したいですね。

他にも貞本さんとの対談もあり、貞本さんの学生時代の作品をみれたりとか(めちゃくちゃ上手い!)
大塚康夫さんが講師をしている学校の授業風景があったりとか

その授業の中でキャラクターを作る課題なんかで
10人にかかせると8、9人が同じようなキャラクタになって出てくる。
ここを異端かもしれないけど簡単に動かすのをイメージしてキャラクタをデザインしたら目立つ、そしてそういう人材が欲しい。

と言われていました。

これはその通りだなぁと
最近はというか前からだったかもしれませんが似たような絵が増えてるきがします。

というかほとんどオリジナルが出きったのかな?

言葉はむずかしいですが、その辺りから抜け出すヒントにもなりました。

とりあえずなによりも

活力のある絵

を描けということですねw

うーむカリオストロの城が見たくなりましたw

あーーはやくコンテ切り終わらないとorz
俺の先は長いです…楽しいけど!
宇宙ショーへようこそ

という長編アニメーションがそろそろ公開されるみたいです。

ポスターを見てから
すっごいドストライクだ!と思って
帰って速攻トレーラーをみてましたw

いやぁいいですねぇ

この何個かのキーワード
田舎、子供、遊び、ヒーロー、宇宙、エイリアン

すべてツボですw

監督のコメントに
誰もが笑えて、興奮して、泣けて、でも見終わった後は爽やかな気分で帰る事ができる、そんな作品です。

と言っています。
こういうエンターテイメントというのがアニメーションだと自分は思ってるので
見てみたいですなぁ!

そして
作品を作るときに大事にしたいと思うのが

ターゲット

誰に(何に)なんの為に作り上げるのか

ここだと思っております。

アニメーションは現実を離れて心から楽しめるエンターテイメント
これも忘れてはいけないなぁと自分なりに思ってます。

そして宮崎監督もポニョの時に言っていた、子供のためのアニメーション
これも大事だと
子供の頃にみたアニメって成長にすごい影響力があると思うんです。
アンパンマンなんて影響力やばいですしね!!

こういったいろんな事を考えて、いろいろな人にいろいろな感情を与えられるというのがやっぱりアニメーションは凄いなぁと思います。

これからも自分も作品を作るときはここらへんを忘れないようにしないと!!

人それぞれの目標があると思いますが
自分は自分の思った所をつきすすんでいきたいもんです。

…しかし
宇宙ショーへようこそって…鹿児島でやらないんだよなぁorz
アニメーションのブログの予定だったのにまだ載せてなかった事に気づきましたw

今自主制作アニメーションを制作しております。

夏の魔法


が一番最初に作ったポスター兼イメージボードです。

そして下の方に今夏予定とか書いてますがそれは夢ですw
予定はまだちょっと未定であります。

内容は少女の成長ものです。

完成したら動画サイトなどで発表しますのでお待ちください^^

さて
今回初めてのアニメーション制作なのですが

いやぁ改めて難しさを実感しております。
確かにこりゃシンドイわw

でも絵とは違った新しい表現の可能性が見えるのでやっていて凄い楽しいです!

このまま無事に走りきりたいなぁ…

まだまだ手探り感はいなめませんが頑張ります!!

タイトルは『夏の魔法』ですよろしく!
-HOME-
カレンダー
11 2018/12 01
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
プロフィール
HN:
有馬 憲吾
性別:
男性
自己紹介:
鹿児島でイラストレーターをやっております
コンセプトアートや背景イラストを主に描いてます。

お酒、エンターテイメント、イギリス、自然、猫好き!
いろいろな人と話をするのも大好きです
興味が有る方は是非お声をかけてください^^

イラストお仕事の依頼も随時受付中です。

メールは カテゴリー の はじめに。 にありますのでお手数ですがそこからお願い致します。
リンク
ブログ内検索
最新コメント
[04/01 ピース]
[05/27 ari]
[05/26 ひょっこり]
最新トラックバック
バーコード
カウンター
忍者ブログ / [PR]
/ Template by Z.Zone